団体について


  長崎人間と性”教育研究議会(略して長崎性教協)の紹介   

 

 一般社団法人"人間と性"教育研究協議会(性教協)は、1982年に設立され、「科学・人権・自立・共生」の4つのキーワードをもとに、全国の仲間と共に、たくさんの性教育実践を積み重ねています。さらに、その活動の中で、自分自身の「性」のあり方を問い直し、充実した「生」を模索する活気にあふれています。

 

  そうした活動に賛同したわたしたち、長崎県“人間と性”教育研究協議会は、1990年に発足しました。厳しい性をめぐる状況がありますが、少しでも改善できるように、みんなで集まって知恵を出し合い、和気あいあいと学習を深めています。「より幸せになるための性教育」をめざして、あなたも是非お仲間に加わってください!

 

主な活動

🍀 定例会奇数月第4土曜日     14:00~16:30

       諫早市勤労者福祉会館(宇都町30-30 ☎0957-22-3667)  様子を見てZoom定例会の時もあります!

       JR諫早駅より徒歩13分、会場隣接に上山公園無料駐車場)

            会員ではない方も500円(学生200円)で参加できます。どうぞ気軽に参加してください。

 

🍀 夜のオンライン座談会 偶数月第4金曜日  20:00~21:00  Zoom使用 

                            土曜日昼の定例会は、仕事等で参加できない会員もいること、そして2ヶ月に1度の定例会では話し足りない分を補いた

       くて、2021年8月から始めています。ざっくばらんな話の中に得るものはいっぱい!そして画面ごしにでも会えることが

       楽しい会です!

 

 🍀 長崎セミナー 地域の皆さんに広く呼びかけ、講演会や分科会で学習を深めます。

         第29回性教育長崎セミナーは、2021年3月7日にコロナ禍の中、1年延期のオンラインで開催しました。   

 

🍀 長崎性教協だより  定例会報告や親睦のためのペンリレーが主な記事です。定例会、長崎セミナー、全国セミナー等の資料も

            郵送しています。

 

🍀 長崎性教協ホームページ  定例会やセミナー報告の他、随時、性教育に関するいろいろな耳寄り情報も発信しています。   

        

ネットからの性の学びをご活用ください!←内部リンクしています

 ネットには膨大な情報がありますが、その中で良質と思える性情報を選んで、紹介しています。そのホームページにリンクさせて

 いますので、すぐに見ることができます。ぜひご覧になってください。特に若者に役立てていただきたいと思っています

 

 ①性の学習全般 ②DV・デートDV ③性暴力 ④ネットの安全教育 ⑤若者の性 ⑥中高校生の性 ⑦男子の性 ⑧泌尿器科医の性教育

月経 ⑩中絶・流産 ⑪緊急避妊薬やワクチン ⑫子どもの性 ⑬幼児や小学生の性 ⑭おすすめ絵本 ⑮多様な性 ⑯ジェンダー

親子・夫婦の関係  ホームページ内にリンクしています!勿論スマホ右上にあるメニュー からアクセスできます!

 

長崎性教協スタッフ

 

🌺代表 中村まり子(開業助産師)・・「レインボーさんばハウス」を拠点(南島原市西有家町)に幅広く活躍

 

 愛情を持って悩みを根底から改善・・相談者が周囲に大切にされる環境づくりができるまで、関係者にも支援。

 深刻度に関わらず相談内容は様々・・子育て支援(不登校を含む)、不妊、ⅮⅤ、性被害、摂食障害、老人看護などの問題を抱え

 トラウマに悩む人たちのほか、産前産後のママのケアや乳房ケア、子どもの発達が心配なママなど、実体験や助産師・訪問看護師の経

  験をもとに、問題の深刻度に関わらず、ひとり一人を大切に受け入れています。

 全世代へ向けた“性”の講演会活動も    

  乳幼児期向けに、ベビーマッサージ。プライベートゾーンの大切さやトイレトレーニングなど学びの場提供。親子の愛着を築く学

   び。

   中学生向けに、性教育講演会「心とからだの主人公になろう」

   高校生・大学生向け・・自分らしく生きるための知識を(豊かな性、性の自立、リスクを負わない健康教育、乳幼児とのふれあい

   高齢者向け・・・福祉の授業や介護施設などでの講演。生活の質を向上させるための学習(訪問看護師15年の経験をもとに)

 

  2000年は母子保健奨励賞受賞、NHK賞受賞 2012年は厚生労働大臣省受賞(母子保健活動) その他4つ受賞(島原ロータリークラ

   ブ職業奉仕賞、全国家族計画協会会長賞(皇居にて両陛下拝謁)、西有家町功労賞受賞、国際ソロプチミスト佐世保パール パール

  賞受賞

  中村まり子への相談・講演依頼等連絡先→→090-8394-5533 メール makkana-ringochan@ezweb.ne.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

🌺事務局、研究局、庶務、会計など代表も含め、現在5人で運営 さらにあと3人にも運営を協力してもらっている。

 元小学校教諭、元小中学校養護教諭、開業助産師が、これまでの自分自身の性教育実践やたくさんの学びを糧に、スタッフとして代表と共に運営。さらに思春期相談員、性犯罪被害者支援員、元保健師など多彩な職種の人達と協力しながら運営しています。性は学べば学ぶほど深くて魅力的。多くの人にその魅力を伝えたい。

 

🍀心とからだ応援隊」として、出前性教育も実施中。希望される方は連絡を!現在、学童クラブとの連携ができています。

        出前性教育は、1コマ(約1時間)3,000円お願いしています。事前打ち合わせや多くの資料を準備しますので、必要経費として

  お願いしています。遠方の場合は旅費もお願いします。大人向けの講座と座談会も始めました!(1時間3000円)

 

🍀 問い合わせ先会員加入出前性教育希望等・・ TEL&FAX 0957-25-5018 (事務局 村瀬恵美子) 

     連絡用メールアドレス naseikyokyo@yahoo.co.jp ( 長崎性教協事務局)

 

🍀 会費納入振込先 (次ページの会則に賛同していただいた方はお願いします!)

 長崎県人間と性教育研究協議会 

   ゆうちょ銀行   記号 17640  番号 22499361 (ゆうちょ銀行口座の場合)

  

他の金融機関からの振込の場合は、下記をご指定ください。

  店名七六八 店番768 普通預金 口座番号  2249936

 

 

★ 本部と長崎会費を合わせた6,000円を振り込んでください。本部には、長崎性教協事務局からまとめて送金します。

 学生は、3,000円振り込んでください。

 振り込まれたら連絡お願いします。事務局村瀬恵美子(090ー5291ー9843)

  

★ 会計年度は、8月~翌年7月   加入が遅くなっても、本部から以前の会報発送あり!

★ 定例会等での加入金手渡しも可能です。 

 

🍀 長崎県“人間と性”教育研究協議会ホームページアドレス          https://na-seikyokyo.jimdofree.com/

 

   ←  ホームページQRコード

          ★まわりの人にも紹介を!  

 

 🍀 長崎性教協では、出前性教育や座談会に取り組んでいます。希望される団体さんはご連絡を!1時間3000円お願いしています。

  

🌺これまで3つの学童クラブで出前性教育を実施し大変好評で毎年連続実施してきたもの、コロナ禍で延期しながらの実施。養護施設等

からも要望があり日程調整中です。大人向けの講座と座談会(ジェンダー平等、性の多様性)も大好評で、大いに必要性を感じました。ジェンダー意識を問い直すべきは子どもに接する大人こそ必要で、大人自身も学び直すことで、関係性が改善できる面が多いように思います。

 性暴力の根っこにも、ゆがんだジェンダー意識があり、人権無視のポルノ情報の悪影響も見逃せません。大人も学び直しながら、より幸せになるために大切な性の学習を、子ども達に提供していきたいと思っています。

 

 出前性教育をする前に、指導員さん、保護者様、子ども達に事前調査をしましたが、嫌らしい性情報の影響を受けているように感じられる子ども達の言動がありました。子ども同士の性的な悪ふざけや、大人に対する失礼な質問や失礼なタッチ等が見受けられました。 

 そこで、性器はきわめてプライベートな器官であり、自分だけが見たり触ったりしていい所。だからこそ自分で清潔にできるようにていねいに学習。そして、自分のからだを守る合言葉、ノー(嫌だ!)、ゴー(逃げる)、テル(話す)も学習しました。また、人の命には寿命があるけれど、新しい命を作り出すしくみがある。性器はその大事な働きを持っている器官なのだということも学習しました。性器だけでなく、粘膜はプライベートパーツ口、胸、性器、お尻は特に自分だけの大切な所。嫌らしく表現されている性情報は、金儲けのための間違った情報がほとんどで、本来性はあたたかく、人を幸せにしてくれるものであることも、高学年には二次性徴等の話と共に学習しました。学習内容は、保護者に丁寧にプリントで報告しました。  

 学習の後の、子ども達、保護者、指導員さん達の感想は、大変好評で、子ども達の悪ふざけもなくなり、大人に対する態度の変化も見られたようでした。おすすめの絵本も積極的に読んでくれているようでした。

  

 2020年度は、「私たちの誕生」をテーマに、子ども達が元気になる性教育をめざして取り組みました。保護者様にていねいな通信を発行しながら共通理解に努め、自分のことが大好きで、自信を持って成長していって欲しいと願いながら取り組んでいます。

 

 出前性教育をさせていただくと、アンケートや感想等から気になる子も発見しますので、学童の相談員さんに伝え対応していただいています。ささやかな取り組みですが、今後も内容を改善していきながら、続けていけたらと考えています。