1月定例会報告(2019.1.26)

11月の講演会を受けて、1月は性暴力についての具体的な対策を話し合いました。たくさんのレポート持参があり、賑やかに楽しく熱心な協議が行われました。

 

(1)研修会参加者からの最新情報

 ① 未成年者の性暴力被害に対して、早期の包括的な支援の重

  要性。

 ② ジェンダー規範に気づき、人権力を高める予防教育の重要   

  性。

 ③ 医療支援・・・苦しいとは思うけど、暴力脅迫の証明とし  

   て、シャワー・入浴はしないで、衣服も洗わないで、できる

   だけ早い受診を!心のケアが何より重要!

(2)これまでの性教育実践の紹介(指導案や教材)

(3)活用できるネットからの性教育教材の紹介

(4)性暴力対策関連図書、テレビ録画、新聞記事等の紹介

 

*現在の性をめぐる厳しい状況打破のため、学校教育だけではなく、広く一般市民とも連携できないかと話し合っています。まずは、保護者向けのテレビ録画を視聴したり、具体的な性教育を紹介したりしながら、性について語り合う場をひろげていこうと話し合いました。会員には「長崎性教協だより」とともに資料を郵送します。楽しみにしていてください。みなさんも、会員になって、より幸せになるための性教育を一緒に語り合いませんか?