親子関係・夫婦関係

 

 💛        NHKクローズアップ現代 毒親 ←クリックしてね

「毒親が原因で大人になっても生きづらい」という声がネットにあふれている。毒親とは、過干渉や暴言・暴力などで、子どもを思い通りに支配したり、自分を優先して子どもを構わなかったりする「毒になる親」のことを言う。番組では、「毒親」に悩む人たちに密着。親から解放され、自分を取り戻すにはどうすればいいのか。そして、子どもに毒親と言われないためには。現代のゆがんだ親子関係を紐解き、解決策を探る。

 

 💛  ウワサの保護者会 第17回「反抗期へようこそ!」クリックしてね

  反抗期は大きく2つある。まず幼児期に強情を張る「第一次反抗期」。そして「第二次反抗期」は、思春期である中学生の時期がピークとされ、早いと小学校中学年から始まる子もいる。精神的に自立しようとする時期で、親や他人を拒絶するなどの行動がみられる。

 反抗期がなかったと61.2%が答えた新社会人向けの調査もある。悪い例としては、過干渉・押さえつけ。良い例としては、子どもの自己決定を大切にされている。

*思春期は自分の存在を見つめる時期  *反抗期は、依存しながら自立する時期

 

💛   NHKクローズアップ現代「夫婦の会話」を科学する

 「もっと相手と話をしたい」「どんなことを話せばいいのか」…番組で夫婦の会話についての悩みを募集したところ、数多く寄せられた切実な声。どうすれば、悩みを解決できるのか?脳科学、言語学、AIなどの知見を生かして6組の夫婦の会話を徹底分析した。そこから見えてきたのは3つのポイント。「話題」や「話し方」、「仕草」を変えることで、会話の満足度が向上し、夫婦の絆も深まるというものだった

 

💛  あなたの“夫婦の会話”は大丈夫?  上記クローズアップ現代プラスして

関連コンテンツの中の「夫婦の会話から見えた“2つの壁”家族社会学 鈴木富美子准教授の記事おすすめ!

 ①妻の夫婦満足度を左右するもの・・・夫が「土俵外」か「土俵上」か?

 ②夫婦の溝を深める 夫婦の“共疲れ”社会

 

💛 ウワサの保護者会「学校に行かない!子どもたちの思い」

 今、学校に行っていない10代の3名と学校に行かなかった経験のある社会人7名が、自分たちの思いやこれまでの過ごし方を語り合ってくれました。「死にたい」と思うほどに悩む子どもたちの思いをしっかりと受け止めたい。